<   2005年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ホームイルミネーション

昨日の激しい風雨の後、急激に気温が下がり小雪が舞い始めた。
住宅街のイルミネーションは、やはり雪の降る街に似合う。kさんの
情報で清田区に車を走らせた。

閑静な住宅街に光彩を放つ
d0026802_2150165.jpg

d0026802_21525792.jpg

d0026802_21541679.jpg

by moiwaID | 2005-11-30 22:02 | 物語をつむぐ

道内最大級ショッピングセンター

サッポロビール札幌工場閉鎖から二年八ヶ月。観光名所のサッポロビール園と
隣接し、工場跡地に巨大SC「アリオ」が」誕生し23日オープンした。
アリオは「空気の精を意味する英語「Ariel」からの造語。初日の入場者数10万人超とか。

アリオの案内パンフ
d0026802_11534285.jpg

込み合う館内-1
d0026802_11572543.jpg

館内ー2
d0026802_1201167.jpg

隣のビール園でひと休み
d0026802_1223186.jpg

ホール入り口の焚き火が暖かく迎えてくれる
d0026802_1262056.jpg

広々としたホール(ジンギスカンは別棟のようだ)
d0026802_1291662.jpg

by moiwaID | 2005-11-24 12:14 | 物語をつむぐ

初冬のさっぽろ

第二十五回さっぽろホワイトイルミネーションが十八日から始まり、三十七万個の電球が
大通り公園と札幌駅前通りを飾った。昨年約一万七千個だった発光ダイオードは、
今年は全体の40%に増やし、一層の光彩を放っている。

点灯式会場
d0026802_11502382.jpg

大通り夜景ー1
d0026802_11525665.jpg

大通り夜景ー2
d0026802_11584241.jpg

大通り夜景ー3
d0026802_1154113.jpg

大通り夜景ー4
d0026802_11552960.jpg

ミュヘン・クリスマス市 in sapporo
d0026802_1255481.jpg

by moiwaID | 2005-11-19 12:12 | 物語をつむぐ

秋・最終章

ナナカマド
短い秋の終わりが近づき、ナナカマドは最後の葉を残し、赤い実が
去り行く秋の最後の華やぎを見せている。
旭川市ほか道内36の市町村が「市町村の木」としてし指定している。
札幌市は木はライラック。花はスズラン、鳥は郭公。

d0026802_2333663.jpg

by moiwaID | 2005-11-14 23:18 | 物語をつむぐ

聖夜の彩り

「愛のツリーSAPPORO」が10日点灯された。3本のうち最も高い15メートルの
アカエゾマツには2万3千個の電球が飾られた。

d0026802_121113.jpg


d0026802_1222754.jpg

by moiwaID | 2005-11-11 22:36 | 物語をつむぐ

晩秋模様

市内は枯葉が舞い散り、晩秋の到来を告げているようだ。明日から天候が下り坂
初雪の予報が出ている。急遽北大銀杏並木と、構内の紅葉をカメラに収めてみた。

銀杏並木
d0026802_1511530.jpg


彩り添えるモミジ
d0026802_1553972.jpg


色づくカエデ
d0026802_1594473.jpg

by moiwaID | 2005-11-06 15:16 | 物語をつむぐ

早くもクリスマスツリー点灯

「サッポロファクトリー」に設けられた高さ15メートルのイルミネーションが3日、
点灯した。一足早い点灯式には樹齢35年のトドマツに、ツリーの3万5千個を
はじめ館内の15万個の電飾が一斉に点灯された。ここは、日本で初めて
日本人が造るビール工場として造られたのが、明治9年のこと。それから
「サッポロビール札幌工場」へと名前をかえ明治・大正・昭和と113年間市民に
親しまれてきた。その後工場は恵庭市に移されたが平成5年市民の広場として
「サッポロファクトリー」が誕生した。

3日午後6時半巨大ツリーが点灯され、大歓声が上がった
d0026802_11172830.jpg

巨大煙突にサンタが登る この名物煙突は「サッポロのビール会社の
煙突は・・・」と歌われ市民から長く親しまれて来た
d0026802_1117762.jpg

by moiwaID | 2005-11-04 10:27 | 物語をつむぐ