街の中の水車は回る

市内水車町(豊平区)は古い街だ。中島公園対岸でもともと水車があったので、この
呼び名が生まれたと言われている。
開拓時代は豊平川の枝川を利用した官営の製材所があったが、水車を始めたのは
明治30年代(1897)で、電動化されるまで約40年にわたって、動いていたと言う。
連休最終日コト・コト回る水車小屋を訪ね、昔を偲んでカメラに収めた


水車ゆかりの地
d0026802_1234306.jpg

水車と水車小屋
d0026802_1236206.jpg

水車は回る
d0026802_12372317.jpg

コト・コト・コットン 杵の音が
d0026802_1237444.jpg

by moiwaID | 2009-05-10 12:55 | 物語をつむぐ
<< 豊平公園 散策 桜満開 >>